塗装をすることで住宅を強化する~住宅の劣化は逃れられない~

土地を調べる

Outer wall paint

宅地造成の基本について

新規で土地を購入する場合や分譲地を購入する場合は、どのようなことを注意したらよいでしょうか。 住宅を建築する場合は、ほとんどの人が建物については興味がありますが、土地については興味がなく、そもそも知識がないことが多いのです。 ただ、土地については自然災害の時にはどのような土地に住んでいるかで埋める分かれ道となります。 宅地造成をした場合、そもそもその土地はもともと何があったのかということを知っておく必要があります。宅地造成をする場合、農業地や原野ならいいのですが、池や沼の場合その地盤は軟弱なことが考えられます。あるいは、切り土や盛り土をしている場合には、洪水や地震によって崩れる場合もありますので、住宅の担当者にその安全性について聞いておきましょう。

どのような問題点があるか

逆に、緩やかな丘陵地が大地を宅地造成した場合は、比較的地盤が頑丈なことが多く、自然災害に対しても安全性が高いといえます。 分譲地についての注意点としては、地元の住人が買わないような分譲地は注意が必要です。例えば、地盤が緩い場所やもともと墓地があった場所などはなかなか買い手がつかないでしょう。 このような土地を調べるには、地元住人なら知っていますので地元住人に聞いてみるか、その地元の図書館や博物館などに行って、宅地造成をする前にもともと昔からどのような土地の活用をしていたのかを知っておく必要があるでしょう。 もし地盤が弱いところであれば通常は盛り土を切り土をしますが、盛り土の場合は元々の地盤に馴染まないことがあるので地滑りなどを起こす危険性が考えられます。